ホワイトリスト管理システム

CNTextile.com 中国サイトへ

お問い合わせ

ホワイトリスト管理システムの特徴
ホワイトリスト管理システムの特徴

ホワイトリスト管理システムの対象物質の基準

 

中国GB18401-2010基準に準拠:特定芳香族アミン:24物質、20mg/kg以下(繊産連現行自主基準:22物質、30mg/kg以下)

 

 

 

繊維産業のサプライチェーンの各段階の事業者が参加

 

 

中国繊維企業、工場

ホワイトリスト管理システムへの登録・資格コード番号化

 

テキスタイル・縫製加工業者

資格コード番号による染色企業・工場の情報の伝達 → 資格コード番号化することにより川上情報を伝達しやすくしている。

 

輸出業者

不使用宣言書のシステム内での生成、日本側への伝達 → 資格システム内でのみ不使用宣言書を生成・伝送することで偽造防止。

 

 

 

輸入、卸売り、小売者

不使用宣言書の受信・伝達・保管 → 受信した不使用宣言書は、日本国内で印刷可能。

 

 

染色企業の色素使用情報の把握のための「染色企業化学食品管理アンケート調査」

 

繊産連自主基準の説明資料の中の標準「調達基準書」に準拠。

 

 

 

染色企業・工場のホワイトリスト登録には、サンプルの抜き取り検査が必要

 

  • エコテックス100の認証、及びISO9000認証を得ている企業は検査不要。
  • サンプリング方法等は一年以上の日中共同検討で決定。
  • 検査資格認定に合格した検査機関が検査に当たる。